介護食は通販にお任せ

介護食は通販にお任せ

想像ではなく現実

人は誰でも美味しいものをたらふく食べたい欲求はあります。
年配になればなおさらです。
食事は生きていくためにも、毎日の張りのある生活をさせるためにも、欠かせません。
年配者にとり、毎日好きなおかずで美味しい食事を食べることが活力になります。
栄養の摂取だけでなく、美味しい満足のいく食事ができることで、精神的にも安定します。
生きる楽しみを年配者から奪ってしまうのは気の毒です。
食事の時間を何より日々楽しみに待っている人たちにとって、幸せになれる時間を共有し、元気になって幸福感をより一層感じてもらいたいものです。
年配者の栄養不足は放置できません。
加齢から、歯だけでなくお口まわりの筋肉が上手く動かせなくなって食べ物を噛めなくなったり、嚥下の力が衰えます。
同じ食べ物でもどんどん食べづらくなり、飲み込む際にもむせ易くなります。
その時に食べ物が気管に入って誤嚥性肺炎になることも多く、年配者は注意が必要です。
年配者は年齢と共に食欲低下が著しく、歯が悪くなって食べる意欲も減少します。
やわらかい食材などで食感も気に入らなかったりで、ますます食べる量が減って周囲の家族を心配させます。
栄養不足が引き起こす低栄養も、病気に罹患し易くなる症状です。
年配者は、特に栄養バランスを整えることが必要です。
献立を考えずに毎日同じような食材を口にすると、必要な栄養素が不足し、免疫力が低下するため風邪などをひき易くなります。
内臓や腸の消化器官の働きの低下で、便秘や下痢の繰り返しなどの症状の可能性も。
食欲不振も、心配しなければいけません。
栄養不足から脳にも栄養が十分に行き渡らなくなって、認知機能の低下にもなる可能性があります。

▲ TOPへ戻る