介護食は通販にお任せ

サポートを要するから

食べることの特化した

介護食は、それぞれに合わせ、お口の中で簡単に噛める食べ物で作られています。
一つの目安などは、硬い物や大きい物はやや噛みづらくても、普通に飲み込む程度です。
たとえば、普通のご飯から柔らかいご飯で、焼き魚や焼き豆腐などを歯茎でつぶしてかみ砕くことができます。
二つ目の目安などは、硬い物や大きい物は噛みづらく、食べ物により飲み込みにくい程度です。
たとえば、柔らかいご飯から米1対水5の割合の炊いたお粥で、煮魚や木綿豆腐を。
三つ目の目安は、舌でつぶせる程度で、細かくて柔らかい物は食べられ、水やお茶が飲み込みにくい。
たとえば、米1対水5の割合で炊いたお粥で、魚のほぐした煮物や絹ごし豆腐など。
四つ目の目安は、噛まなくて良い食べ物で、固形物は小さくても食べにくく、水やお茶が飲み込みにくい。
たとえば、ペースト状のお粥で、白身魚の裏ごしした物や粒のあるペースト状の食品などになります。

見た目以上に柔らか

介護食の種類は、食品の調理方法でも違います。
噛み易さや飲み込み易さを特に考えて、献立の料理をしてあるものです。
きざみ食の調理方法は、お口に入れ、噛み易くなるように、食品を小さく刻んである食事にしてあります。
お口まわりの筋力の低下が著しく、お口を大きく開けることも難しく、食べ物を噛む力などが低くなっている人に向いています。
ソフト食は、食べ物を舌でつぶせるくらい柔らかく煮込んだ物や茹でた物で、特別な調理方による食事です。
噛む力や飲み込む力が著しく弱まり、内臓の消化不良などを起こし易くなっている人に向いています。
ミキサー食は、食べ物をミキサーにかけ液体状のペーストにして飲み込み易さを追求した食事です。
誤嚥予防で食品にとろみをつけるなどしてあります。
あまり噛むことができない、飲み込む力が弱い人に向いています。


▲ TOPへ戻る